凸凹を生きる〜変な子に生まれて

(2018/10/23:猫と靴下のかたっぽというブログ名から変更しました)一人(半人前)と一匹で考える発達障害のこと、福祉のこと、喜びも怒りも

発達障害の私が障害者雇用を受けるにあたって

現在障害者雇用で簡単な事務雑務に携わっています。

私が今の仕事に就けているのは、就労移行支援の担当者さんとハローワークの担当者さんのおかげです。

当時障害者雇用の求人は身体障害や内部障害のある人を対象としているものが多く、精神障害者は暗黙にボツられやすい状況だったように思います。精神障害者OKの求人の中から希望のものを探すとなると、かなり限られた選択肢しかありませんでした。

支援者さんは「精神障害者に対する漠然としたマイナスイメージだけで採用条件から外している企業も多い。モナカさんの場合喋りもしっかりしてるので、実際に接することで偏見が解かれ採用されることもあるかもしれない」と言い、広く障害者雇用求人すべての中から条件や希望に合うものを探しましょうと背中を押してくれました。そのおかげで、とりあえずダメ元ででもコンタクトを取ってみようという前向きな気持ちになれたし、実際支援者さんの言うとおり、晴れて「精神障害者は対象としていない」求人を見事にひっくり返し採用を勝ち取りました。

就労移行支援という福祉サービスを知らない人や、「ハローワークっていい求人ないんでしょ?」なんてどこの誰情報かわからないような言葉を信じて足を運びすらしない人、行っても「いいのがあれば受けてもいいかな」ぐらいの軽いノリで前準備を怠る人、割と多いなと感じてます。

発達障害皆に当てはまるのかはわかりませんが、少なくとも私は私自身の能力を客観的に把握するということがとても難しかったです。またもし一人でハローワークに行ったとしても、自分の望む条件をきちんと強く主張できなかっただろうなと思います。仕事を見つけるって作業は精神をゴリゴリ削られるので、軽装備だとすぐ倒れちゃうから。自分の味方(支援者)と共にハローワークに出陣するのが無理せず働くことへの第一歩だと思います。